1件のご紹介が、1本の苗木となり、
地球の未来を育んでまいります。

“私たちは、企業が人材を採用することは、新しい苗木を植えることと似ていると思っています。肥沃な土に植えられた良い苗木が成長していくように、良い人材は我々のお客様である企業様のために、強固な役割をになって成長していくのです。”

10,000本の植樹

JAC Groupの一員として、私たちシー・シー・コンサルティングはCSR(企業の社会的責任Corporate Social Responsibility)を果たす上で、その一環として地球の緑化に向けて熱帯雨林再生活動に取り組んでいます。世界各国のJAC各社を通じて私たちの収益の中から、お一人が入社されるごとに一本分の寄付を行い、年間10,000本の植樹を目指しております。シー・シー・コンサルティングでは、設定した金額に応じて、寄付を行っております。

オランウータンの森基金

JAC Groupの植林活動はマレーシア・ボルネオ島サラワク州に位置し、以前は世界でも最も森林伐採の進んだ地域のひとつとして数えられていたアペン保護林にて、日本マレーシア協会(JMA)「オランウータンの森基金」を通じて行われています。「オランウータンの森基金」はマレーシアの熱帯雨林の再生・保全だけではなく、その森に生息するオランウータンを始めとしたさまざまな生命を救うことを目的としています。またこのプロジェクトでは地元の人々と協力して活動することによって熱帯雨林保護のための新しい技術や手法を学んでもらい、熱帯雨林の永続的な再生を確かなものにしています。

インドネシアのバリ島

これとは別に、弊社の植林活動は、気候変動枠組条約13回締約国会議(COP13)が開催されたインドネシアのバリ島で展開されています。顧客企業 が人材お一人を採用される毎に、火山灰で埋もれた岩肌に小さな苗木(アンププ、センダン等郷土樹種)を一本植えております。「企業に就職された方が、その苗木のように新しい会社で大きく育っていただきたい。そして一人でも多くの人の心に地球規模で社会貢献をするという考え方が芽生えて欲しい」という願いをこめた本プロジェクトを今後も推進してまいります。

環境保全

世界各国に展開する「国際人材紹介会社」として世界規模での環境保全に寄与しその活動を促進してゆく、それが私たちシー・シー・コンサルティングの願いです。現在全世界で排出される二酸化炭素のうち5分の1が森林伐採の結果によるものといわれ、地球温暖化最大の要因ともなっています。熱帯雨林の再生・保護が、気候変動の脅威に対抗するための、そして健全で美しい地球へと向かうかけがえのない第一歩となることを私たちは信じています。

JAC Group 植林地

  • バリ島(インドネシア共和国 バリ州バンリ県キンタマーニ郡ペネロカン地区)
  • ボルネオ島(マレーシア ボルネオ島 サラワク州 セリアン地区 アペン保護林)

協力

  • 特定非営利活動法人アジア植林友好協会(バリ島)
  • 社団法人日本マレーシア協会(ボルネオ島)